投稿

娘1歳2ヶ月。

イメージ
子どもの成長は、大人が同じ時間を過ごす成長率と比べて、すさまじいですね。
あっという間に、できなかったことができるようになってきました。
その分、「あの仕草はもうやらないな~」なんて寂しくなることもあります(^-^)

私の娘は、今、ちょうどハイハイから、二足歩行で歩き始めたばかりです。
言葉も、毎日、新しいワードを覚えているようで、楽しそうに大声でシャウトしています 笑
私も1年の間にこれだけの成長率を誇れば、世の中に貢献できるスピードもアップしそうなのですが 苦笑


頼る。あまえる。 この1年を思い返すと、 娘のかわいさが日々深まりながらも、 特に生まれてからの、3ヶ月間〜5ヶ月間の間は、そのかわいさを超えて、イラ立ってしまうことがありました。 自分は、社会でさまざまな痛みを経験してきたから大丈夫っと思っている部分もあったのですが… (振り返ると自分のあまりの未熟さに悲しくなってしまいます(TT))
私の場合は、そんな気持ちが爆発しなかったことは、周りに助けてくれる存在がいたことが何よりの理由です。
なかなか周りに助けを求められない状況の方もたくさんいらっしゃるとは思います。 ただ、どこかに頼りにできる存在があるというのはすごく重要なことと言い切れます。 それがSNSの中であっても良いのではないでしょうか。 「そんなの分かっているよ」という声も聞こえて来そうです。それでも私は、"あまえを出せる場所"をつくる努力をすることの大切さを伝えたいです。
そう言う私が、まだまだあまえ下手ではあるのですが(^-^;) 私も、みなさんのアドバイスにあまえながら、まずは娘の1歳半を楽しみにしようと思います。


働き方について

イメージ
昨日、ニュージーランド首相、職務に復帰 6週間の産休明け というニュースを見ました。
現役で首相をつとめながらご出産。っという、うれしい話を聞くと、日本は考え方の面からも、もっともっと良くなれると感じます。

今、私は子育てについては、妻に圧倒的に感謝するしかない状況です。
それでも、9年前に会社員をさせていただいていた時期よりは、はるかに動きやすい状況です。
9年前は、自由に動ける時間がつくれず、悔いることも多々ありました。
あの時期に赤ちゃんがいたら…っと思うと恐怖すら感じます。

これからの時代は、"女性の経済的な自立(私は「好きなことで」っと言いたい)"も、とても重要な課題ではありますが、同時に、男性の働き方の改革も、急務であると考えます。

時代は、起業しやすい状況でもあります。
ノマドワーキングという考えもあります。
もちろん独立することだけが答えではないと思います(実際に一部上場起業の代表より、会社に雇用されていた方が生涯収入は多くなるというデータを見たことがあります。)。
雇用されていたとしても、リモートワークという考え方が、認知されつつあります。もちろん会社内で仕事に没頭するこが好きな方はそれも良いと思います。

周りがなんとかしてくれるのを待つのではなく、自分で働き方を考えられる時代です。

男女ともに、働く時間というのはとても大きな意味を持っています。
そこを見直すことで、豊かな時間の使い方ができ、
ひいては大人が大人であることを真剣に楽しむことが、次の世代への良い影響となると、私は思っています。
そして、良い歳のとり方をする。

豊かな考え方を持った大人たちがもっと増えるよう、奮闘したいと思います。




1歩ずつ進みます。

イメージ
WordPressをマルチサイト化していたのですが、何故か独自ドメインを当てることができなくなってしまい、このブログのみ移行することとなりました。2011年初期からご購読いただいていた方は、2度目の移行となってしまい申し訳ありません。(また、過去記事も一部のみの移行となってしまいご不便をおかけします。) ご無沙汰しております。
突然の宣言ですが、今後はもう少し世の中のお役に立てることを書いていこうかと思っております。

…っと、思ったのは、
私には、実現したいことがあまりにも多すぎて、時間が足りないことがだんだん分かってきました。
また、思いついたり勉強したことを残したいと思い、今後はブログを活用させていただくことを考えました。

現在は、
シニア世代が活き活きとして暮らすにはどうしたら良いか。
海外の方々・日本が好きな日本の方々が楽しく日本のことをもっと識るにはどうしたら良いか。
女性のライフスタイルの向上に何かできることはないか。

その他、アプリ開発やAIの活用法、再生可能エネルギーについて。
など、ビジネスに応用しようと動いております。

1人でできることは少ないですが、
協力者や、私よりもっと良いアイディアの方々がたくさん現れ、共に日本や社会をより良い方向に進めていけることを楽しみにしています。



Happiino社 進化中。

イメージ
今、Happiino社の姿が徐々に変わり始めています。
まずは以下のサービスを追加しました。

・シニアスマートフォンの操作方法講座(65歳以上の方対象)
・ネガフィルム デジタル化サービス

まずはシニアの方々に、デジタルデバイスに触れていただくきっかけをつくりたいと考え、作戦の序章の序章というところでしょうか。
大きなものはこれからですが、まずは小さなところの始められるところから動いております。

こまめにご報告できるよう努めます!




情報配信時代の波をつかむ

イメージ
6月に子どもが生まれました。 当初は医療的な問題もありましたが、今は落ち着いてすっかり元気に育っています。 これがきっかけでもあったのですが、私がこれまで行っていた「情報配信」ということについて、考え直すことにしました(子どものかわいさを自慢したいからですが^皿^ )。
これまでのHPや広告を制作することは、いわゆる、"屋台をつくること、看板をつくること"が私のメインビジネスだったわけですが、 情報配信サービスを自社で手がけるようになってからは、"在るもの(屋台や看板)をどう使い、どう伝えるか"ということに試行錯誤する日々です。 

「時」と共に、日々技術は進み、昨日最新の技術と思っていたことが、今日にはすでに時代遅れになっていたりということも、恥ずかしながら経験することがあります。
 昨日配信されていて驚いたニュースは、デバイスを持たなくても、骨伝導技術を使い、指を耳に当てて会話ができるようになるツールが開発されたというものでした。 しかし、調べてみると、スマートウォッチが盛んになってきた2016年には、すでにこれに類似したツールは開発されていたようです。 
文字通り、時代の波に乗ることが、簡単ではなくなっています。 そんな日々の中で私が個人的に思うことは、1,000年、2,000年と過ぎても、変わらず人と人との間で大切にされて来たことを大切にするということです。 このようなことを言うのもすでに時代遅れに思われるかもしれません。 しかし、弊社が50年、100年と続く企業に成長するため、大切なことだと考えます。 
私の将来の構想の1つに、ママたちの社会進出に貢献したいと考えているものがあります。
その構想の実現には、複雑なものをシンプルにする発想は欠かすことはできません。

 私たちの子ども世代が成人になった社会はどんな風景が待っているでしょうか。
その時に、娘にほんの少しでも影響を残せるようにありたいと思います(笑)

体づくり

イメージ
この冬を迎え、私はいよいよ"リバウンド王"となりつつあります。

2015年春、人生最重の体重を記録し、
その後2ヵ月間で12kgのダイエットに成功。

2016年春には10kgリバウンド。

2016年夏に7kgのダイエットに成功し、
現在は、あと1kgで2015年春に並び、王となる。

"結果には原因がある"とは、
よく言われることなので、その原因を考えてみると、
ライフスタイルより、DNAの劣化のせいだということにしたいのが本音です 笑
(35歳男性の平均代謝量より200kcal以上の数値をたたき出しているので、それはないかも・・・)

突き詰めると、"心のブレーキ"の原因になる、ブレーキ脳(通称)に、元のライフスタイルを維持する効果があるのですが、
クリエイティブをする上で、これは仕事をする上での"退屈"の原因にもなります。

私は、仕事で常に退屈を無くし、ワクワクを感じるために、
これまで、各お客さまに、最良・最大のものをお届けしようと、完全オーダーメイドスタイルのクリエイティブをお届けすることを貫いてきました。
お客さまに喜んでもらえる上、
おまけとして、飽き性である私の脳も、常に仕事に興奮を感じることができるからです。

ただ、これは、とても採算の悪いビジネススタイルであることは分かっています。

2017年は、
「多くの方に関わる」
「関わった方全ての方に喜んでもらう」
この両輪をうまく回転させることがテーマになりそうです。

まずは脳のエンジンをフル回転させなければいけませんね!

冬は、褐色脂肪細胞の働きを活性化することができダイエットに最適なようです。
新たなチャレンジが始まりそうです。

アンケートのお願い(_ _)

イメージ
いつもありがとうございます。

弊社、グループカンパニーである、Happiino, LLC.にて、
現在、男性用肌着(シャツ)を開発中です :)

最良のものをお届けしたく、ご意見をうかがっております。

お忙しいところ恐縮ではありますが、ご協力いただければ幸いです。

■男性用肌着(シャツ)アンケート
https://goo.gl/zB59ip
(※女性の方も、男性のご家族がいらっしゃる方は、ぜひ、よろしくお願いします。)
よろしくお願いします!